ひつじさんぽ

30代夫婦のシドニー暮らし × 留学・英語 × ワイン

オーストラリアのリサイクルショップ『Vinnies』へ洋服の寄付に行きました!

f:id:Cozy28:20210131190420j:plain

 

日本から厳選して持ってきたはずのお洋服も、オーストラリアでのライフスタイルに合わずいつからか袖を通さないものが増えてしまいました。

捨てるにはもったいないし…と思い調べて見つけたのがVinniesというリサイクルショップ。

日本のハードオフのようで、お宝が眠っていそうなわくわくするお店でした。

 

Vinniesとは?

www.vinnies.org.au

 

Vinniesは、St Vincent de Paul Societyという協会が運営するセカンドハンドのお店です。この協会には60,000人以上の会員・ボランティアがいて、オーストラリア全土の困窮する人々を支援しています。

Vinniesで販売されている商品は市民から寄付されたもので、Vinniesのスタッフはボランティアで成り立っています。ショップでの売上が協会の運営費や支援金となります。

リサイクルショップとはいえ完全な寄付なので持込品の査定などはありません。

 

Vinniesの店舗はオーストラリア全土で650以上。私もマップで調べてみたら徒歩圏内に数軒ありました。

ショップ検索はこちらからできます!⇒Find a Vinnies Shop - St Vincent de Paul Society - Good Works

 

Vinniesに行ってみました!

f:id:Cozy28:20210131190458j:plain

 

スカートやセーター、シャツなど、まだ綺麗な衣類を10点ほど袋に入れて持ち込みました。お店に入るとすぐに店員さんが「Donate?」と声をかけてくれて、特に中身の確認もなく引き取ってくれました。

 

店内は奥行きがありとても広く、おしゃれな古着屋さんみたいです。

 

f:id:Cozy28:20210131190548j:plain

 

お店の入口にはイエローカラーでまとめたディスプレイ。全て寄付された品でできているなんて!

 

f:id:Cozy28:20210131190627j:plain

 

洋服エリアの奥はインテリアコーナーになっていて、食器やキッチン雑貨、家具等も並んでいます。このレトロでかわいいカップは日本の食器ブランド「MIKASA」のもので一つ2ドルでした。

 

f:id:Cozy28:20210131191248j:plain

 

掘り出し物が見つかりそうなこの雑多感。三角コーンも売り物だったかな。

 

f:id:Cozy28:20210131191333j:plain

 

洋書も引き取ってくれるみたいです。

 

f:id:Cozy28:20210131191409j:plain

 

その他、靴や帽子、ネクタイなどの服飾雑貨はもちろん、ウエディングドレスまでありました。査定やチェックがないからこそあまりに古いものを持ち込むのは気が引けますが、自分はいらないと思ったものでも需要があるのだと思います。

オーストラリアは中古品に抵抗がなく、物を大事に使いたいと考えている人が多いという話も聞いたことがあります。日曜の午後だったこともあり、思った以上に買物客が多く驚きました。

 

f:id:Cozy28:20210131191454j:plain

 

私は店内を回って素敵なワンピースを2着見つけました。一つはUSEDで16ドル、もう一つは90ドルの新品タグがついたままの品で30ドルでした。試着室で着てみましたがサイズが合わずに残念。特に16ドルの方は素材も良くオーストラリアにはなかなかないパターンで本当に魅力的だったんです。

 

f:id:Cozy28:20210131191525j:plain

 

誰かの不要品が誰かの手に渡って息を吹き返し、そのお金が困っている人の助けになるという素晴らしいシステム。なるべくゴミにしたくない、物を大事に使いたい、お気に入りの少しのもので暮らしたいと強く思うこの頃、出会えてよかった素晴らしいお店でした。

何か捨てたいと思う時、新たに購入したい物がある時、これからはまずVinniesを検討してみます。

 

ご近所のお店、一度のぞいてみてください。一点ものとの素敵な出会いがあるかも…!